大和榛原牛(黒毛和牛A5等級)の極上肉、その肉質・旨味の違いをご実感いただけるよう低温熟成しています。
ご注文毎にすき焼き用スライスにしてお手元にお届けします。

各界著名人・食通の方々が、はるばる遠方から足をお運びいただく理由が、この吟選極上ロースです。
大和榛原牛ならではの香ばしさ、甘み、とろける食感と旨味に感動されます。
ギフトシーズンには、品薄になるほどの人気商品です。






霜降り肉の豊かな味わいに勝るものなし!!

きれいなサシ(脂肪)が入った『霜降り』牛肉は、誰もが知る高級食材です。
とろけるような食感と極上の旨さを兼ね備えるサーロイン、リブロースやクラシタロース(肩ロース)などの霜降り肉は、ギフト商品としても最高級品です。

しゃぶしゃぶやすき焼きなど日本料理の多くは、薄切りのスライス肉を使います。
脂肪の少ない赤身肉だとすぐに縮まって硬くなってしまうので、多少なりとも脂肪を含んだ肉の方が料理に合います。 また、日本料理は、肉の甘み・旨味を楽しめるよう工夫されているからです。
しかし、欧米諸国では、赤身肉が主流です。 これは、食文化の違いによるところが大きく、ステーキなど厚い肉を使うことが多いフランス料理などでは、『肉の味は、脂の味ではなく赤身肉の味』という考えから、ソースに工夫を凝らし赤身肉とのマッチングを楽しみます。

最近は、日本でもヘルシーな赤身肉が注目されていますが、霜降り肉の人気が落ちるわけではありません。
その美味しさに代わるものはなく、前述の欧米では赤身肉が主流と述べましたが、霜降り肉を食べたことがないということです。 一度口にすると熱烈なファンになる欧米人も多く、ハリウッドの映画俳優や著名人の間でもサシの入った和牛(Wagyu-Beef)は、大人気です。 あのNBAのスーパースター、コービー・ブライアントの名前の由来はなんと父親が大の神戸牛ファンで息子にKobe(コービー)と名付けたそうです。

牛肉の王様サーロイン!

吟撰極上ロースは、リブロースからモモに続く極上部位サーロインをスライスしています。
あまり運動しない部位なので柔らかく、甘みがあり、ジューシーで霜降りが多いのが特徴。
その美味しさにイギリス国王が、サー(Sir)の称号を授けたのがサーロインの名前の由来です。

特に和牛は、サシが入りやすくアートのような霜降りが見られます。 柔らかい肉からたくさんの脂が溶け出し、肉の旨味と脂の甘みが混ざった香り高くリッチな風味から『キング・オブ・ステーキ』とも称されます。





肉料理『うし源』のすき焼き

うし源本店は、明治初頭のまだ食肉文化が定着していない時代に初代店主源松が、自然環境に恵まれた奈良県榛原の山間の私有地に畜産設備や競り市場を建設、また精肉の販売すると同時に食肉文化を広めるという意味でこだわりのすき焼き専門店として開業しました。 創業以来130年、試行錯誤して開発された伝統の味を五代に渡り守りつつ、その時代に即した進化を成し遂げ多くのお客様に愛されています。
受け継がれた伝統があるからこそ、さらなる高みを目指し、皆様に笑顔をお届けしたいと考えます。

鍋料理の代表格といえば、何と言ってもすき焼きですよね。
日本人に馴染み深い 『すき焼き』ですが、本格的な 『すき焼き』を食べる機会は、意外に少ないようです。

ひと口にすき焼きといっても、関西と関東では、 料理の作法が違うのはご存知の方も多いでしょう。
関西では、まず肉を焼いて肉だけを楽しんだ後に野菜や豆腐、白滝などを入れて煮込むのが一般的ですが、関東では、はじめから肉も一緒に割り下で煮込んでいきます。
料理名に『焼き』という文字が入っているのに焼かず、グツグツ煮込むのが関東風のすき焼きです。
変だな?と思った人もきっと多いと思いまが、関東でも高級店などに行くと関西風の作法で調理してくれます。

これは、関西の方が高級という意味ではなく、 肉自体のコクや旨味を楽しめる美味しい食べ方だからです。
甘辛い割り下でグツグツ煮込んでしまうと肉の味を堪能するというわけにはいきませんね。
だから、肉だけを軽く味付けして焼いて、まずは肉だけを食べる関西風のすき焼きが、多くの料理人や食通の方々に支持されているのです。

これはウンチクですが、もともとすき焼きとは、牛肉の食用が禁じられていた江戸時代からあり、農具の鋤(スキ)の金属の部分の上で魚や豆腐を焼いたことが語源とされています。食べ方もこの関西風の作法を指していたようです。

文明開化の時代、牛肉が庶民の食べ物として普及し、東京を中心に割り下で煮る 『牛肉鍋』や『牛鍋(うしなべ)』が広まり、
後に『牛鍋(ぎゅうなべ)』と 関東では呼ばれるようになりました。 このよく似た『牛鍋』が、次第に関西と同じ 『すき焼き』として広まっていったのだそうです。





肉料理『うし源』では、大和榛原牛(黒毛和牛A5等級)ならではの食感と極上の甘み・旨味をご堪能いただくために地元農家の有機野菜と一緒にこの関西風作法の本格すき焼きをお楽しみいただいています。
是非、ご家庭でも関西風すき焼きをお試しください。